ウェブインパクト(五城目コア)

求ム!「何もないところからの出発」を「楽しむ」
エンジニア人材!

 秋田市から車で約40分、干拓前は全国第二の湖であった八郎潟に隣接し、500年以上続く朝市で有名な秋田県五城目町。
この町にある旧馬場目小学校は、2013年、起業やコミュニティ活動などを実施する事業者を支援する場「BABAME BASE」として生まれ変わり、現在、秋田のみならず、日本、そして世界を見据えた事業に取り組む人たちが集っています。
2016年8月、「BABAME BASE」に活動拠点を置き、新たな取り組みを秋田で始めた株式会社ウェブインパクト(五城目コア)の秋元悠史さんに、求める人材像や仕事について伺いました。

5年間の島根県海士町での生活を経て
秋元さんが五城目を選んだ理由

 秋元さんは秋田県大仙市の出身。高校時代までを秋田で過ごし、進学を機に上京・就職。その後、「秋田に貢献したい」との思いから島根県海士町で5年間過ごし、「高校魅力化プロジェクト」などに携わり、2016年の春、秋田にUターンしました。
「秋田に帰るに当たり、面白そうな仕事が見つかりそうな場所、仕事ありきではなく、場所で移住先を決めようと考えていました。そんな時、『BABAME BASE』に入居し、教育関係の仕事に取り組む方と出会い、今に至りました。」という秋元さん。
同じタイミングで、活動拠点を五城目町で設置する準備を進めていた、ウェブシステム開発などを行う「株式会社ウェブインパクト」とのご縁があり、秋元さんは同社の「五城目コア」在籍社員第一号として採用されました。

ウェブインパクト(五城目コア)としての
ミッション、求める人材像

秋元さんのミッション、その一つは、ウェブインパクトとして、五城目町・秋田県における「開発拠点の基礎づくり」であるといいます。
「自分はエンジニアではありません。開発拠点としての基礎づくりのためには、現地におけるエンジニアの存在が欠かせません。今、求めている人材は、開発リーダーと、エンジニアスタッフの2名です」。
「仕事の内容としては、弊社の『東京コア』が持つ開発案件への対応に加え、開発リーダーには、人材の採用や育成、プロジェクトリーダーとしての業務統括を期待しています。開発業務としては、企業の社内システムなど主にウェブシステムやスマートフォンアプリの受託開発に加え、クラウドサービスなどの自社開発もあります。また、秋田での新たな案件を発掘し、展開するということも担っていただきたいです。『何もない』ところからの出発、『これから始まる、一緒に創っていく』ことに、醍醐味や楽しさを感じていただける方を求めています。特に、開発リーダーの方には、『やりがいを自分で創る』『やりがいを自ら創り出す余白がある』ということを楽しめる方であってほしいですね」。
「具体的な人材像としては、エンジニアとしての実務経験があること。言語については、社内のトレーニングプログラムもありますが、具体的にはPHPJavaRubyJavascriptなどでの開発経験がある方が望ましいです。さらに開発リーダーにはスタッフを育成するという点から『人に教えるのが好きな人』であってほしいです」。
これまでの経験を活かしながら、秋田だからこそできること、秋田だからこそやらねばならないことを模索し、それを楽しめる人を求めています。

「BABAME BASE」から受ける刺激は価値がある。
「人」と繋がり、「余白」を楽しむ醍醐味が味わえる──。


現在拠点を置く「BABAME BASE」とは、どんな場所だと感じているのでしょうか。
「ここには、さまざまな仕事に取り組む方が入居しています。入居者同士の『横のつながり』から、五城目町、秋田県、そして世界でどういうことが起きているかを意識し、そこから新たな仕事を生み出すという可能性に満ちた場所です。このことが、五城目で働くことの価値だと感じています」と語る秋元さん。
「競合が多い都会と違い、田舎では『出る杭』が少ないので『出る杭』同士がすぐに繋がることができます。秋田は、例えれば『真っ白なキャンバス』です。『真っ白なキャンバスに、さあ、何を描こう』という感覚。一方、都会では、キャンバスの余白・隙間を必死に探すという感じです。『自分で創れる』という『余白』を楽しめるのが、秋田です。」
真っ白なキャンバスだからこそ、何をすべきかを見出す力、人材が必要です。ウェブインパクト(五城目コア)では、共に「新しい可能性」を創るメンバーを求めています。

五城目ってこんなところ!

「五城目は、『ほどよい場所、ほどよい田舎』です(笑)。清流・馬場目川の上流には、大きな岩に巨木が立つ『ネコバリ岩』をはじめとした大自然がある一方、町内には大型ショッピングセンターもあり、買い物などにも困りません。秋田市までは車で40分、『田舎的な暮らし』と『都市的な暮らし』の両方が味わえる場所です」(秋元さん)

五城目ってこんなところ!

「五城目は、『ほどよい場所、ほどよい田舎』です(笑)。清流・馬場目川の上流には、大きな岩に巨木が立つ『ネコバリ岩』をはじめとした大自然がある一方、町内には大型ショッピングセンターもあり、買い物などにも困りません。秋田市までは車で40分、『田舎的な暮らし』と『都市的な暮らし』の両方が味わえる場所です」(秋元さん)

企業情報

事業所名 ウェブインパクト(五城目コア)ウェブインパクト
所在地 〒018-1714 秋田県南秋田郡五城目町馬場目字蓬内台117-1
電話番号 080-3004-0872
FAX番号
Eメール akimoto@webimpact.co.jp
担当者 秋元悠史
ホームページ http://www.webimpact.co.jp/
業務内容・会社の特徴 1994年創業の法人向け自社製品の販売およびウェブシステム開発を行っている会社です。自社製品は累計100社以上の導入を行い、システム開発は上場企業や関連子会社などのシステムの受託開発なども行っています。2016年8月に当社の開発・デザインの拠点として五城目コアを設立し、ウェブシステム開発経験者の募集を行っております。
従業員数 当勤務事務所 : 1人、企業全体 : 34人

求人内容

職種 開発リーダー
勤務場所 五城目町地域活性化支援センター「BABAME BASE」
年齢 不問
職務内容 ・五城目コア(事業所)の運営に係る業務(PM、人材採用・育成等)
・ウェブシステム、スマートフォンアプリ等の受託開発(主に東京本社で受注した案件)
・自社システムの開発(給与明細、シフト管理などBtoBのプロダクトが中心)
求人数 1人
学歴(履修科目) 大卒以上
必要な経験 PHP、Java等のウェブシステム開発経験、エンジニアの育成に係る経験、PMの経験
必要な資格 -
求人内容の補足事項 上記言語以外にRubyやスマートフォンアプリ開発(Objective-C、Andoroid(Java))などの経験者は優遇します。また、弊社は全社的にノマド制度(リモートワーク)を取り入れています。
給与(A) 月給228,571〜266,666円
毎月定期的に支払われる手当(B) みなし残業手当(40時間分) 71,429〜83,334円
毎月の賃金(A+B) 300,000〜350,000円
通勤手当 実費 (上限あり 20,000円)
その他の手当 ・みなし残業手当は残業の有無・時間数にかかわらず支給
・40時間を超える時間外労働分は追加で支給
賞与 -
労働日数 月平均20日
昇給 年1回
雇用期間 常用
勤務時間 10:00〜19:00
休憩時間 60分
休日 土日祝・年末年始
年間休日 120日
時間外勤務月平均 30時間
マイカー通勤 可(駐車場:有)(自己負担:無)
加入保険等 雇用, 労災, 健康, 厚生
住宅 特になし
勤務条件の補足事項 希望に応じて五城目町内の空き家を改修し共同社宅として利用することも検討しています
職種 エンジニア
勤務場所 五城目町地域活性化支援センター「BABAME BASE」
年齢 不問
職務内容 ・ウェブシステム、スマートフォンアプリ等の受託開発(主に東京本社で受注した案件)
・自社システムの開発(給与明細、シフト管理などBtoBのプロダクトが中心)
・五城目コア(事業所)の運営に係る業務(PM、人材採用・育成等)
求人数 1人
学歴(履修科目) 大卒以上
必要な経験 PHP、Java等のウェブシステム開発経験
必要な資格 -
求人内容の補足事項 上記言語以外にRubyやスマートフォンアプリ開発(Objective-C、Andoroid(Java))などの経験者は優遇します。また、弊社は全社的にノマド制度(リモートワーク)を取り入れています。
給与(A) 月給198,095〜228,572円
毎月定期的に支払われる手当(B) みなし残業手当(40時間分) 61,905〜71,428円
毎月の賃金(A+B) 260,000〜300,000円
通勤手当 実費 (上限あり 20,000円)
その他の手当 ・みなし残業手当は残業の有無・時間数にかかわらず支給
・40時間を超える時間外労働分は追加で支給
賞与 -
労働日数 月平均20日
昇給 年1回
雇用期間 常用
勤務時間 10:00〜19:00
休憩時間 60分
休日 土日祝・年末年始
年間休日 120日
時間外勤務月平均 30時間
マイカー通勤 可(駐車場:有)(自己負担:無)
加入保険等 雇用, 労災, 健康, 厚生
住宅 特になし
勤務条件の補足事項 希望に応じて五城目町内の空き家を改修し共同社宅として利用することも検討しています

TOP