第1回
秋田の「くらし×しごと」交流会
ー秋田の暮らしを組み立てる。ー

トークゲストの話を聞いて秋田での暮らしをイメージしよう!
グループトーク・個別相談に参加された方には、秋田のちょこっとおみやげをプレゼント(数量限定)

「秋田でどんな仕事ができるのか」それは「秋田でどんな暮らしをしたいか」を考えることとほぼ同意なのではないでしょうか?「くらし」と「しごと」は、切り分けることができないもの。秋田の「くらし×しごと」交流会では、実際に人材を求めている秋田県内の事業者が参加し、仕事のやりがいや大変さ、求める人材像などについて直接お話ができます。「働き方」を入り口とした秋田での暮らし、考えてみませんか?

第1回秋田の「くらし×しごと」交流会

kouryukai-map1

日  時:12月25日(日)
開  場:12時30分 開始:13時(17時終了予定)
会  場:東京交通会館12F カトレアサロンB
     (東京都千代田区有楽町2-10-1)
     http://www.kotsukaikan.co.jp/
定  員:50名(先着)
そ の 他:服装自由

当日スケジュール

パート 時間 内容
第1部 12:30 開場
13:00〜13:05 開会の挨拶
13:05〜13:45 秋田暮らしゲストトーク
13:45〜14:15 秋田県ぐらしと求人紹介のご紹介
休憩 14:05〜14:15
第2部 14:15〜15:15 グループ交流会
15:15〜16:00 個別相談会①
16:00〜17:00 個別相談会②

参加ゲスト紹介

栗山 奈津子さん

秋田県出身。1988年生まれ。東京農業大学を卒業後、青森市で食品会社に就職。その後、秋田に帰郷。2014年に「あきた森の宅配便」の代表に就任し、インターネットなどを通じて山菜の注文を受け、山菜取りを委託する事業を行っている。

古関 弘さん

秋田県湯沢市出身。18歳で大学進学のために関東へ。卒業後、「山村協力隊」として富山に移住。しばらくして、酒蔵で働き始める。32歳のとき、秋田県大仙市へ。福乃友酒造で2年間杜氏として勤務後、現在は新政酒造の杜氏を務めている。

近藤 基さん

秋田県三種町出身。現在、三種町で土木会社を経営。約20名の従業員のうち、全員が再就職組。「繋がりの深い職場がチームを強くし、個人も成長させる」という哲学のもと、地域を盛り上げるために若者たちの雇用を積極的に行う。

ファシリテーター:鳥羽真氏

名古屋市生まれ。岐阜県立森林文化アカデミー木造建築スタジオ卒業。愛知学院大学情報社会政策学部卒業後、(株)八幡ねじ、岐阜県立森林文化アカデミー木造建築スタジオ、京都大学院生存圏研究所生活圏構造機能分野研究生、同研究所技術補佐員を経て、設計事務所と戦略コンサルタント事務所に参画。その後、場のデザイン事務所、Like bla re: 主宰(2013~)。自然素材を扱う木造建築メソッドを応用し、人や事象が持つ本質を可視化する「場のデザイン」を得意とする。

「秋田のしごと」ブース 参加事業者について

実際に求人をしている事業者も来場します。どんなお仕事をしているのか、どんな求人内容なのかを、ぜひ直接聞いてみて、お話してみませんか?
また、グループ交流会、個別相談会に参加された方には、秋田のお土産をプレゼントいたします!

参加企業

来場する企業の求人情報はWebサイト内に随時アップします。
求人情報をチェックして、交流会に参加しよう!

くらしとしごと交流会チラシはこちら

お問い合わせ

株式会社インテリジェンス:秋田の「くらし×しごと」交流会事務局
担当:手納(テノウ)

TEL
03-6386-8160
FAX
03-6386-9150
Mail
akita-kurashishigoto@inte.co.jp

※当事業は秋田県より委託を請け株式会社インテリジェンスが運営しています。

TOP